はじめに

 

 

筆者が本書を執筆することになった直接的な動機は、ある日、インタネットで本を索している時、『地獄へ行くクリスチャン』という題の本を見たからである。その本を見た時、筆者は衝と共に少しの怒りを感じた。筆者の中の聖書の常識では救われた信徒が地獄へ行くことは絶対有り得ないことだからだ。その時筆者は「私が救済論を書こう」という強い思いに駆られた。そして筆者は夢中になって救済論の執筆に取り組んだ。

 

しかし、執筆してからまもなく、筆者は巨大な壁にぶつかってしまった。それは聖書が恵みによる救済をえながら、一方では行いによる救済をえる点であった。わかりやすい例としてパウロの手紙が恵みによる救済を説いているのに対しヤコブの手紙が行ないによる救済を説いていることがあげられるだろう。

 

(ローマ 10・9) なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

 

(ヤコブ 2・14) 私の兄弟たち。だれかが自分には信仰があると言っても、その人に行ないがないなら、何の役に立ちましょう。そのような信仰がその人を救うことができるでしょうか。

 

さらに聖書を記した者の一人恵みによる救済と行いによる救済をそれぞれ主張する場合もある。使徒パウロが代表的な人物だ。

 

(エペソ 2・8~9) あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。

 

(ピリピ 2・12) そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順であったように、私がいるときだけでなく、私のいない今はなおさら、恐れおののいて自分の救いを達成してください。

 

より一層困ったのはイエスさえも恵みによる救済と行いによる救済、両方をえているように見えることだ

 

(ヨハネ 6・40) わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。

 

(マタイ 7・21) わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国にはいるのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行なう者がはいるのです。

 

筆者はこの難題を解くために様々な神者の見解を調べた。者たちは恵みによる救済をえる聖書の箇所では解が一致したが、いによる救済をえる聖書の箇所では解が一致しなかった。ある人たちは行いによる救済える箇所を「本文は、クリスチャンも本当に良い行いをしなければ地獄へ行くことを意味する」と解したし、ある人たちは同じ箇所を「このみ言葉はクリスチャンが罪をたくさん犯して地獄へ行くことを意味する箇所だ」と解したし、ある人たちは行いによる救済をえる箇所を無視しながら「人は徹底的に神の恵みによって救済を受ける」と主張した。これ以外は納得できる解が全くなかった

 

この難題にぶつかってから、筆者は偉大な宗改革者マルチンルタ神父の心情を十分に理解することができた彼はローマ人への手紙とヤコブの手紙の矛盾を解決できず、「誰か私に、ローマ人への手紙とヤコブの手紙を調和させてくれる人がいれば、私はその人に私の博士の帽子をかぶせて、私を『バカ』と呼ぶように許可する」という約束をしている。

 

筆者はにこのような聖書の難題を解く知恵をいくつかいただいた。

 

まずはじめに、神は筆者に、聖書の書き手が「救い」という言葉を色な用途で使ったのをえて下さった。

 

二番目に、イエスは反語法を使って、救いを説いていたことえて下さった。

 

三番目に、永遠の命とはどんな意味なのかをえて下さった。

 

四番目に、永遠の命はいつ得られるのかをえて下さった。

 

五番目に、生まれ変わったクリスチャンの魂と体が別々に活動するのをえて下さった。

 

このような神恵みがあったお陰で筆者はこの本を完成することができた。この理由で多くの信徒たちがこの本を通して救いの確信を得て、地獄の恐怖からけ出しているのだ。したがって、この本を通して生じるすべての栄光は然、神だけが受けるべきだ

 

2012年12月3日、筆者は1本の電話を受けた。電話をかけた人は、韓の大変大きな教会の牧師であった。彼は性と知性を兼ね備えた牧師だったので、筆者は昔から彼を尊敬していた。彼は「あなたの本を読んですぐに電話をかけた」と言い「あなたの本のすべての内容に同意します」と言った。引きき彼は筆者の本を褒めながら、筆者の本を彼にプレゼントした牧師にも感謝を表わした。彼は「これから私たちの教会でこの本える」と宣言した。そのような決をしたその牧師に敬意を表わしたい。

 

聖書を百回以上読んだある博士は本書をんだ後、筆者にって次のよう話をしたので恐縮した。

「私は先生の本をんだ後、神に『なぜ私にはイファヨン牧師にえて下さった真理をえて下さらないのですか』と抗議をしました。」

 

本書を高く評価して筆者をましてくださった人々、本書を通して受けた恵みしてくださった人々に感謝の気持を言いたい。

 

筆者は者らに三つのお願いをしたい。

 

最初に、本書を熟読してから評することをお願いしたい。本書を熟読しなければ誤解してしまう恐れがあるからだ。

 

二番目、存の救済論の観点で本書を評しないで、聖書で本書を評してほしい。本書が存の救済論を改革したものなので、存の救済論の観点で本書を評すれば、本書を誤認するしかないからだ。

 

三番目、本書をんだ後、聖書の救いを信じてほしい。存の不完全な救済論の中の一つを信じていた人々は本書を読んで聖書からの完全な救いを信じてほしい。

 

 

2013年6月3日  大田西葛馬洞にて   李 華英