マルコ5:25~34       

この女性は出血が止まらず、なんとそれが12年間も及んでいました。

もちろん、医者や薬にも頼ってみました。

しかし彼女は「多くの医者からひどい目に会わされて…かえって悪くなる一方」でありました。

経済的にも破綻状態、親や親戚からも「ごくつぶし、厄介者」とまで思われていたでしょう。

そればかりではありません。

イスラエルでは、長血を患うという病気は、宗教的に汚れているとみなされました。

レビ記15章によりますと、そういう女性がさわったものは物でも人でも汚れると書いてあります。

イエス様の奇跡的な力によって病気が直った女の人にイエス様は、

娘よ。あなたの信仰があなたを直したのですと、彼女の信仰をほめておられます。

どんな信仰ですか?

1.彼女は良い知らせ聞きました

2.彼女は信じました「…きっと直る」と考えました

この「考えていた」は、原文では、「ぶつぶつ言っていた」「口ずさんでいた」であります。

彼女は、「イエス様のお着物にさわることでもできれば、きっと直る。」と口ずさみながら、

信仰を持ってイエス様に近づいて行ったのです。

. 彼女は行動をしました

彼女は群集に紛れ込み、うしろからイエス様の着物に触ったら、イエス様の方から力が流れてきました。

主は今も生きておられ、信仰によってご自身に近づく者たちを超自然的に癒してくださいます。