外側にドアノブのない戸(3章20節)

jesus.jpg

その絵を見ると、ある方の指摘によると、戸の外からは扉を開くことができないようになっています。

ドアノブが、外側にないのです。中にいる人だけが扉を開くことができるようになっているのです。

主は静かに、しかし熱意をもって、私どもの心の扉を、今日もたたいておられます。

私どもが自らの心の惨めさを認め、

「主よ、私の心に入って来てください。そして私の惨めさを、罪深さをきよめてください」と、

主に願うときに、主は私どものところに来てくださいます。

主は、そのように私ども自身が、自ら心を開くのを待っておられるのであります。