とは何でしょうか?

キリストは、天は、ひとりの王がその王子のために婚宴を催すようなものであると言っています。

では、主を絶えず礼拝し、ひとりひとりが主にある喜びがあり、主に個人的に結びついてかい交わりがある。

そしてきることのない主への美がうたわれ、感謝が溢れています(4章21-22章)。

が求めることはただ一つ、「服を着ること」です。

の備えている服は高なものであると思います。

「お前たちが買ってきなさい」と言われても、私たちには高で手のかないものです。

しかし王が用意してくれているので、服を借りて、それをまとって行けば結婚式の場に入ることができます。

私たちが救いを受けて、神の子になれたのは、生まれつきの性質、能力、知によったのではありません。

ただ私たちの罪の身代りになって十字架にかかって下さったイエスキリストを信じる信仰によります。

の憐れみと聖の助けによって、キリストを信じること、キリストを心にお迎えするということが救いの件です。

使徒パウロは「あなたがたは、主イエスキリストを着なさい」(ローマ1314)とめています